• 朱子学から陽明学に移り変わったように

    今までのように、教科や分野ごとに知識の蓄積をメインとするのはなく、テーマへの活動(身近な問題や自身の興味)を通じて、知識,汎用的スキル,態度を統合的に展開し習得する学習メソッドです。
    また、チーム内の相互作用の中で、相対的に学習していくことで他者から学ぶ思考を身につけたり、活動へ主体的・能動的に関わろうとするためにの、実社会の状況と近しい学習スタイルです。

  • 特徴

    プロジェクト、特長、クライアントなどを紹介しましょう。

    タイトルテキスト

    サブキャッチ
    この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。この項目を紹介する、短い文章。
  • ジョン・デューイの教育哲学

    未来への準備として

    学習者が「状況」の変化に対応し、それによって“成長できるようにすること

    サブキャッチ

    「民主主義における生活者」を育てること / 民主主義と教育
    「経験の絶えざる再構成」を導くこと / 経験と教育

  • 同じ場に集まり、仲間と活動し、経験から生成的で多様な学びとして、変化の早い不確実で多様な時代だからこそ必要な、プロジェクト実行を基礎とした「生きる力」を育む総合的経験学習

     

    知識を身につける方法は場所から開放され自由で多様になっていきます。

    そして、人が集まる価値(学校やオフィス)が未だかつてなく求められていきます。

    そのような社会のための、新たな学び方、生き方が必要と考えます。

    なぜPBLなのか

  • 4つのPBLインフラの提供

    PBLの基本型のプログラムを提供

    PBLのコンテンツやカリキュラムの制作や
    既存授業の変換などを請け負う

    指導者育成

    PBLの指導者を育成

    環境デザイン

    建築,空間,カリキュラム,授業形式,教科書,プリントなど

    のPBLに適した学習環境を総合的にデザインし、
    クリエイティブな学習体験をもたらす

  • 社会の不確実性

    社会の変化が早くなり、生涯学習,パラレルスキルなど、社会とともに変化できる生き方,キャリア,学習の必要性

    モバイルインターネット社会

    ネット、スマホ上でどんな知識でも得られる

    社会においての”集まる価値”の追求の必要性

    社会の多様性

    正解のない多様な社会でのアイデンティティや自律,多様な価値観との付き合える必要性

     

  • VilingVPが提供するPBLの要素

  • オーナーシップ

    人生を自分のものとして生きる

    自らの意志で、主体的に活動し

    挑戦・学習・改善していける力

    コ・クリエーション

    仲間とともに生きる

    仲間と共創・協働し知識・技術・コミュニケーションの相互発達していける力

    ソーシャルリテラシー

    社会とともに生きる

    ・社会を扱える:時代にあったツールや仕組み

    ・シチズンシップ

    ・文化の継承や更新
    社会と共に自由に変化していける力

  • PBLの弱点

    ICT化の推進、独自科目,教材の開発により克服を目指す

    マンパワーが必要

    ICT化の必要性

    ファシリテーターやチューターなどのマンパワーが必要
    意志や想いを中心とした活動のため、実践学習者の個別化に対応しなければならない

    実践学習者へのプレッシャーは弱い

    自主性の育成が必要

    効果、評価の不透明,複雑

    基礎力の養成

    学習者がもっている価値観や文化的背景がグループ学習の形成や運営にどのような効果を及ぼすかが不透明:質の高いチュートリアルの開発 が急務